ウォーターサーバーの必要性

ウォーターサーバーの特徴

水道水の安全が確保されている日本でも、水道水をそのまま飲んでいる家は少なくなっています。ビルトイン式やポット式など、家庭に浄水器を設置している家は増えてきています。おいしい水を飲む方法の一つとして、水を宅配してもらうウォーターサーバーがあります。
日本でウォーターサーバーを設置している家庭は全体の数%ほどで、まだ普及率は低いと言えます。水の銘柄や天然水かどうかなどの種類が幾つかあります。水自体の料金、サーバーのリース料や宅配料が別にかかるのか基本料込みなのかなど、業者によって価格も料金の仕組みも意外とバラバラです。自分の家庭でどのくらいの頻度や量を使うのかを把握していると業者を選びやすくなります。

飲み水を備蓄できること

サーバーの形式にもメーカーでけっこう違いがあり、ボトルを取り付ける際に重くなく簡単にできるもの、水を使い切ったらボトルが小さくなり、回収されるまで場所を取らないものなどがあります。使いやすく負担が少ない形式のボトルは人気が高くなっています。
ウォーターサーバーは常にまとまった量の水を保管できるのがメリットです。もし停電や断水で水道が使えなくなっても、飲水だけは確保できます。
震災やで飲み水に困り、水の重要性や日々の備えの重要さをを実感した、サーバーがあって助かったという人は多くいます。普段も便利に使えて、緊急時にも役に立つような備蓄品やグッズのニーズが高くなっていて、ウォーターサーバーはそのひとつと言えます。

水宅配のボトルは子供の誤使用を防ぐためにチャイルドロックを設定する事が可能であり、子供が操作しにくいボタンの長押し等で解除やロックが出来ます。