ウォーターサーバーの利用価値

日常生活に使えるウォーターサーバー

オフィスで良く見るウォーターサーバーですが今は一般家庭でも使う方が増えています。水は人間にとって無くてはならないもので安心、安全な水を摂ることは体にも優しいとも言えます。赤ちゃんがいる家庭では尚更気に掛ける事だと思います。システムとしてサーバーをレンタルか購入をし定期的に水を届けてもらうシステムになります。水と熱いお湯が出るので急な来客に急いでお湯を沸かす事も無くなり、赤ちゃんにミルクをさっと作れ手軽になり便利です。種類として、水道直結型のウォーターサーバーもあります。温水と冷水機能が付いただけで浄水機能はありません。専用のボトルを購入し好きな水を使うことができます。ウォーターサーバーはレンタルが主流ですが購入する事も可能です。

サーバーのレンタルと購入型の違い

サーバーを購入するメリットは営業の方のノルマによる押し売りや解約手数料や返品手数料が掛からない事です。さらに、自分の好きな銘柄の水を使うことができます。レンタルの場合は取り扱いされている水は決まっているため自分好みに使用出来ません。しかし、購入型は壊れた際の修理代や処分費用は自己負担になるため気軽に使える点がありますが、メンテナンスは自分で行うため多少の手間が必要になります。水は自分で購入し温水と冷水機能のサーバーを使いたい方にはおすすめです。毎日使うためメンテナンス面をしっかりと行ってくれるのかは重要になります。レンタルの場合、月々の費用にメンテナンス代が含まれているか別なのかをしっかり確認し納得のできる商品を取り寄せましょう。

ウォーターサーバーの電気代は冷たい水と温かいお湯の需要が高まる夏と冬に高くなるので、節約したい場合は設定温度を変更すると電気代を抑えられる機種も存在しています。